スコープジャパンロゴ

2016/07/01

写真の解像度

 解像度とは写真の密度を指します。使用する用途により適切な解像度は異なります。
 一般的な印刷で適切な解像度は350dpiです。
 350dpiを超える解像度であっても印刷時に再現できないので、データがいたずらに重くなり印刷エラーの原因にもなりかねません。逆に、低すぎるとモザイクのような写真になってしまいます。
 

 HP利用する場合は72dpiで制作します。(一般的にはピクセルで指定します。)大きすぎる画像は画面表示を遅くし、ユーザビリティが低下しましすのでご注意ください。
※画像の内容によりjpg,png,gif等使い分けをします。